MENU

CLOSE

マカ・ショウガ・亜鉛…妊活夫婦のための妊娠力アップ食品

マカ・ショウガ・亜鉛…妊活夫婦のための妊娠力アップ食品

155views

カテゴリ:食事生活

妊活夫婦のための妊娠力アップ食品【マカ、ショウガ】

5a75eb1a6e9a6c933c9d9e6ea0fd65a7_s

マカ

マカは南米ペルーに自生するアブラナ科の多年生植物です。標高が4000〜5000mというアンデスの厳しい高地で育ち、約2000年前にはすでに栽培が始まっていたと判明しています。滋養強壮に高い効果を発揮する食品として古代インカ帝国でも重宝され、上流階級を中心に愛好されていました。

マカは各種ビタミンやミネラルに必須アミノ酸などを豊富に含み、とても栄養価が高いことから「完全食」と呼ばれています。そのため厳しい基準を満たして米国のNASA(航空宇宙局)に宇宙食として採用されました。マカが妊活サプリの人気成分になっているのは、妊活や不妊治療をサポートする豊富な成分を含むためです。

女性の体内で女性ホルモンが正しいバランスを保つことで生理や排卵などの生殖活動が正常なサイクルで行われます。もし女性ホルモンがバランスを崩すと生殖活動に悪影響を及ぼす可能性がありますが、マカは女性ホルモンのバランスを保つ強力な効果を発揮します。

「ベンジルグルコシノレート」という成分が月経サイクルを改善する効果を持っており、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることで「植物性エストロゲン」と呼ばれる成分がホルモンバランスを正常に整えます。さらに、これらの成分は生殖活動のサイクルが整える以外にも、自律神経の乱れを改善することで妊活や不妊治療中の女性に様々な害を与える冷え性を改善してくれます。

そして、マカに含まれているアルカロイドが持つ血行促進の効果も冷え性を改善してくれます。さらに男性もマカの摂取により、男性ホルモンが活発になって精力が増強したり、マカに含まれるアルギニンが持つ血行促進効果がED(勃起不全)を予防するなど、妊活に役立つ様々な効果を得られます。

このようにマカは妊活や不妊治療中の夫婦両方に役立つ様々な効果を持っていますが、普段の食事では摂取する機会がない食品です。そのため妊活サプリなどを利用して摂取することが効率的です。

ショウガ

妊活や不妊治療中の女性にとって最大の敵が身体の冷えです。生殖機能を担う卵巣や子宮などの臓器は、他の臓器よりも冷えによる悪影響を受けやすい場所です。さらに身体が冷えて血行が悪化した場合、血液は生命維持に関わる場所へ優先して供給されて生殖機能を司る部分は後回しにされるため、冷えやすい場所でもあります。

そのため妊活や不妊治療中の方は身体を温めるための様々な工夫をこらす必要がありますが、冷え性を改善する高い効果を発揮する便利な食品がショウガなんです。生のショウガに含まれるジンゲロールという成分は、一時的に身体を温めるだけで冷え性を改善する効果は高くありません。

しかしジンゲロールを乾燥させたり加熱することで生まれるショウガオールやジンゲロンという成分は、身体を芯から温めて冷え性を改善する効果を発揮します。そのため普段の食事に調理したショウガを加えたり、生姜湯などを飲むことが冷え性改善に効果的です。またショウガは精力増強やED(勃起不全)改善の効果も持つため、妊活中も男性も積極的に摂取する必要がある食品です。

妊活夫婦のための妊娠力アップ食品【亜鉛】

8767a3d2146117864c9bc8407e33c8e7_s

亜鉛は欧米で「セックスミネラル」と呼ばれている成分です。男性ホルモンの一種であるテストステロンの生成に関わっており、充分な量の亜鉛を摂取することで性欲減退やEDを改善したり、精子の質を高めるなどの妊活効果を得られます。

そのため妊活や不妊治療中の男性にとって重要な成分ですが、女性の場合も体内の亜鉛が不足すると月経不順が起きたり受精卵の着床が困難になるなど、妊活に悪影響を与える原因になります。そのため妊活や不妊治療中の夫婦は男女両方が摂取する必要のある成分です。しかし人間の体内では合成できないため、食事の際に亜鉛含有量が多い牡蠣やレバーなどの食品を使って摂取量を増やす必要があります。

しかし亜鉛は体内での吸収率が低い成分であり、厚生労働省の発表では腸管からの亜鉛の吸収率は約30%程度、さらに10%以下だと発表した製薬会社も存在します。そのため食事だけで必要な亜鉛の摂取量を満たすことは困難であり、亜鉛を多く含むサプリなどを利用して摂取することが効率的です。