MENU

CLOSE

30歳はまだセーフ?年齢別の妊娠確率と高齢妊娠の定義

30歳はまだセーフ?年齢別の妊娠確率と高齢妊娠の定義

180views

カテゴリ:不妊治療

年齢別の妊娠確率

ea2a7522ddc0856c0af88113db32de9f_s

女性が出産を意識する契機として三十路を迎えたタイミングというのを一つ上げることができます。実際、三十路を迎えた頃から、妊娠も20代のころと比較すると徐々に難しくなっていきます。三十路というタイミングは本当に子どもがほしいなら妊活というものを真剣に考えるべきタイミングになってきます。

妊活に本気に取り組むモチベーションを上げるためにも、まずは年齢別の妊娠確率について見ていきたいと思います。まず、20代の間であれば、自然に妊娠する確率は25〜30パーセントと言われています。この自然に妊娠する確率というのは1つの生理周期の間において、排卵日周辺の妊娠が可能なタイミングで性行為を行った場合の妊娠確率になります。

つまり、1つの生理周期で妊娠確率が高いタイミングで性行為を行うことにより、実際に妊娠する確率は25〜30パーセント程度ということです。したがって、本気で妊活を意識して性行為を行えば、半年のうちにほぼ90パーセントが妊娠することが可能になります。ただ、人によっては冷え性である、生活習慣が乱れている、食事のバランスが悪く卵子の発育に必要な栄養素がしっかりと供給されていない、その他もろもろの事情により20代であっても自然妊娠が困難な場合もあります。

このような人は不妊治療・食事の改善・妊活サプリメントの服用といったような対策を行っていく必要があります。また、男性に不妊の原因がある可能性も考えられます。したがって、場合によっては男性にもしっかり協力してもらって不妊対策を進めていくことになります。

このように健康な20代の女性であれば自然な形での妊娠の可能性も高いです。ただ、30歳くらいからこの自然に妊娠する確率はどんどん低下していきます。大体35歳の段階では18パーセント程度となり、ここから一気に自然に妊娠する確率が低下します。結果として40歳では5パーセント程度となり、45歳ではわずか1パーセントまで自然に妊娠する確率は低下してしまいます。

高齢妊娠の定義

また、妊娠したとしても35歳を過ぎると日本産婦人科学会が定義している高齢妊娠と呼ばれる状態になります。ちなみに、この35歳という年齢は平成3年に女性の妊娠・出産の年齢が上がっていることを受けて、引き上げられた経緯があります。それ以前は高齢妊娠は30歳からとされていました。

つまり、30歳以上の妊娠に関しては20代と比較するとリスクが高くなっているという現実を頭に入れておきましょう。実際、この高齢妊娠においてはさまざまなリスクがあります。その最たるものが流産のリスクで20代・30代前半では10パーセント程度だったものが、35歳の時点では25パーセントまで急上昇することになります。

さらに40歳の時点では40パーセント、45歳の時点では50パーセントとなり、せっかく妊娠しても半分の赤ちゃんは流産してしまうということになります。また、高齢妊娠になればなるほど自閉症児やダウン症といった障害を持った赤ちゃんが生まれてくる可能性が高くなります。

特にダウン症の赤ちゃんが発生する確率については妊娠の年齢が高くなるについて増加していき、20歳では1/1667、25歳では1/1250、30歳では1/952だったのに対して、35歳では1/385、40歳では1/106、45歳では1/30となります。45歳の妊娠ではダウン症の赤ちゃんが生まれる可能性も十分に覚悟しておく必要があります。

30歳というタイミングはまだ妊娠・出産に対してそれほどリスクを感じなくても良い年齢です。ただ、30歳から妊活を始めたとしてもすぐに妊娠できるとは限りません。長い場合は5年程度の期間がかかる可能性も十分にあります。そうなると、普通に高齢妊娠のリスクを抱えることになります。また、20代から30代にかけて妊娠する力は自然に衰えていくと言われていますが、30歳に入った時点でその衰えは急激になります。

したがって、30歳という年齢は妊娠を考えたら、20代のように悠長に妊活に励んでいる年齢ではないということが分かります。したがって、不妊治療、妊活サプリメントの服用などの対策を行い、少しでも妊娠の確率を高めていくような姿勢が必要になってきます。