MENU

CLOSE

葉酸サプリは本当に妊娠力アップ?妊活サプリはどう違う?

葉酸サプリは本当に妊娠力アップ?妊活サプリはどう違う?

892views

カテゴリ:サプリメント

葉酸サプリとは?

56e72b95f9be7a302ba38316a56c2b16_s

妊活といったら葉酸サプリといっても良いほど、妊活サプリの世界において葉酸サプリの存在感は圧倒的です。この葉酸というのはもともとホウレンソウに含まれていた成分になります。水溶性ビタミンBの一種で、赤血球を作り出す働きを持っています。この葉酸は摂取することにより、妊娠前・妊娠中・出産後というすべての段階において、女性をサポートしてくれる心強い成分になります。

例えば、妊娠前や妊活中の段階において、葉酸は子宮内膜を厚くする効果を発揮します。子宮内膜が厚くなることにより、着床率がアップしたり、受精卵を保護する効果が発揮され、妊娠力が向上することになります。したがって、葉酸を摂取することにより不妊に悩む女性の妊娠率をアップさせることが可能になります。

次に妊娠初期と言われる妊娠4ヶ月目までの段階です。この段階において怖いのは流産のリスクになります。葉酸を摂取することはこの流産のリスクを少なくする効果があります。また、この段階でしっかりと葉酸を摂取しておくことにより、赤ちゃんに自閉症の症状が現れる可能性や神経管閉塞障害という障害が発生する可能性を低減することができます。

続いて妊娠中期と言われる7ヶ月目までの段階です。この段階でも引き続き葉酸を摂取し続けることにより流産のリスクを低減することができます。また、この段階において葉酸は血液中のホモシステインという物質を抑制する効果も発揮します。このホモシステインという物質は赤ちゃんの発育に悪影響を与えるとされており、ホモシステインの濃度が1.0mmol/L上昇すると、赤ちゃんの体重が151g軽くなるというデータがあります。

このホモシステインという物質を抑制して赤ちゃんの健康な成長を促す効果が葉酸にはあります。そして、出産直前の妊娠後期についてです。この段階において、葉酸は赤ちゃんの発育というよりも出産に備えて母体の健康状態を維持するのに効果を発揮します。具体的には貧血予防・免疫機能向上・消化機能向上といった効果があります。

最後は出産後です。出産後については葉酸の造血効果により母乳の出が良くなる効果があります。また、出産によってダメージを受けた子宮の機能を回復する効果もあります。

さて、上記のように不妊に悩む女性のサポートだけでなく、妊娠した後から出産後まで、妊娠に臨む女性をすべての段階でサポートしてくれる成分が葉酸になります。葉酸については納豆、モロヘイヤ、ホウレンソウといった食材に含まれています。このような食材を食事に取り入れることにより摂取するのも良いでしょう。

ただ、加熱や調理によって失われることが多い栄養素が葉酸になります。したがって、食事ではなかなかとりづらい栄養素であるというのも葉酸の特徴になります。食事で摂取するのが難しいようならやはり葉酸サプリという形で摂取するのが良いでしょう。

葉酸サプリと妊活サプリとの違いは?

d435f43a1d74408252debc603d4ad82a_s

さて、上記では葉酸サプリメントの働きについて見てきました。この葉酸サプリは不妊を改善して、妊活を成功させるためには最重要といっても良い妊活サプリになります。ただ、葉酸サプリ以外にも妊活サプリと呼ばれるサプリはたくさん存在しています。

このような妊活サプリについても不妊を改善して妊活をサポートするという点では葉酸サプリと目指すところは同じです。ただ、葉酸サプリとは少し効果が異なってきます。このような妊活サプリで期待される効果は2つあります。それが卵子や精子の老化を防ぐことと体内の血行を改善して卵巣にしっかりと栄養素が供給されるようにすることです。

この妊活サプリに含まれていることが多い亜鉛は「セックスミネラル」とも呼ばれており、女性の卵子や男性の精子の働きを活発化します。亜鉛は男性の勢力増強の効果もあるので、男性用の精力剤にも含まれている成分になります。年を取って精子や卵子の働きが鈍っているといくら性行為を行っても妊娠しづらくなります。

妊活サプリにはこのような精子や卵子の働きを改善する効果があります。また、妊活サプリには体を温めて血行を良くする成分も多く含まれています。血行を良くすることにより、卵巣に栄養がしっかりと供給されることになり健康な卵子を育てることが可能になります。