MENU

CLOSE

妊活中にオススメ!妊活効果をもった飲み物まとめ

妊活中にオススメ!妊活効果をもった飲み物まとめ

165views

カテゴリ:食事生活

妊活効果のある飲み物まとめ・1【ルイボスティー、たんぽぽ茶、黒豆茶】

5d9d5388e0b3965340134a789519ee89_s

ルイボスティー

ルイボスは南アフリカ原産のマメ亜科の植物です。ルイボスティーが妊活や不妊治療中の夫婦に愛飲される理由は、ルイボスが強い抗酸化作用を持つためです。ルイボスに含まれるSOD酵素やケルセチンなどは、卵子や精子を老化させるなど妊活に悪影響を与える活性酸素を除去する効果を発揮します。

また、ルイボスには女性の月経サイクルを整えたり男性の性欲機能を改善する効果を持った亜鉛や、精子の材料であるセレンが含まれているため、妊活中の夫婦両方を手助けする効果を持ちます。

そして緑茶やコーヒーなどに含まれるタンニンは重要な妊活成分である鉄分の吸収を阻害するため、これらを食事の前後に飲むと妊活に悪影響を及ぼしますが、ルイボスティーはタンニンが含まれていないため食事中も安心して飲むことが出来ます。

たんぽぽ茶

たんぽぽは薬草として漢方でも使用されており、乾燥させたたんぽぽを使って作るたんぽぽ茶にも妊活を助ける多くの効果が含まれています。そのひとつが身体を温める作用で、たんぽぽ茶には毛細血管を拡張して血行を改善する効果があるため、身体を温めて冷え症を改善する効果が得られます。

さらに、たんぽぽだけに含まれる「タンポポショウキT-1エキス」は脳下垂体に直接働きかけることで女性ホルモンの分泌を促し、子宮内膜を厚くしたり卵子の成長や排卵をサポートするなど、妊活に役立つ様々な効果を発揮します。コーヒーに似た味わいで飲みやすいですが、味が苦手な場合もたんぽぽエキスを配合したサプリを利用することで有効成分を摂取できます。

黒豆茶

大豆の一種である黒豆を使用して作るお茶です。黒豆茶が含んでいる妊活成分の大豆イソフラボンは「植物性エストロゲン」とも呼ばれています。

エストロゲンは子宮内膜を厚くしたり生理不順を解消するなどの妊活効果を持ちますが、植物性エストロゲンはそれと同様の働きをします。しかし飲みすぎると強すぎる女性ホルモンの効果が妊活に悪影響を及ぼす場合もあるため1日に2〜3杯程度が適量です。

妊活効果のある飲み物まとめ・2【ココア、ザクロジュース、生姜湯】

01ed8f2b9bd22f25f9b4ea14adcf3568_s

ココア

ココアが含むポリフェノールには抗酸化作用があるため、卵子や精子を老化させる原因である活性酸素を除去する効果があります。そして女性や男性の生殖機能を高める効果を発揮する亜鉛を含んでいる上に、子宮や卵巣の機能を低下させるため妊活の大敵とされる冷え症を改善する効果も持ちます。

さらに自律神経を整えることで妊活に悪影響を与える原因であるストレスを緩和するなど、様々な効果を発揮します。そのため、妊活や不妊治療中の方は夫婦で飲むと効果的な飲み物です。

ザクロジュース

ザクロはイラン原産の果物です。栄養価が高く美容や健康の効果を発揮するため「女性の果実」と呼ばれています。ザクロが妊活成分として注目を集める理由の一つが抗酸化作用です。ザクロに含まれるポリフェノールやビタミンC、ビタミンEなどの抗酸化物質は、卵子や精子を老化させる原因である活性酸素を除去します。

さらに女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする植物性エストロゲンが含まれており、受精卵が着床しやすい状態に子宮を整えたり生理不順を解消するなどの妊活に役立つ効果を発揮します。

また、植物性エストロゲンの効果でホルモンバランスが整うことにより冷え症を改善できます。しかし植物性エストロゲンはザクロの種子にだけ含まれるため、妊活のためにザクロジュースを飲む方は種子も含まれたものを飲むことが大切です。

生姜湯

妊活や不妊治療中の女性が特に避けたい症状が冷え症です。受精卵の着床が困難になったり、着床しても流産する確率が高まるなど様々な悪影響があります。その冷え症を改善する上で、とくに効果的な飲み物が生姜湯です。

生の生姜に含まれているジンゲロールを加熱したり乾燥させることで生まれる「ショウガオール」という成分には、胃の粘膜に作用して身体を芯から温めることで冷え症を改善する効果を発揮します。生姜を生で摂取しても冷え症改善の効果は得られないので、加熱して作る生姜湯か乾燥させた生姜を成分とする妊活サプリを摂取する必要があります。