MENU

CLOSE

妊活には忍耐が必要!思ったより時間のかかる不妊治療

妊活には忍耐が必要!思ったより時間のかかる不妊治療

101views

カテゴリ:体験談

思ったより進まない妊活

不妊治療は望んで病院へ行っても、すぐに始められるというわけではありません。私の場合はまず検査から始まりました。女性には生理の周期があるので、その周期に合わせた検査が必要になります。一通りの検査が終わるまでに、2ヶ月かかりました。いざ勇気を持って不妊治療を始めようと思っても、すぐに始められるわけではないんです。

治療が始まっても結果待ちの期間が長い

そして、検査が終わって治療が開始されても、基本的には初歩的なタイミング法から始まります。タイミング法というのは病院でホルモンの値をチェックしたり卵胞の状態をエコーで確認したりして、病院の先生からこの日に夫と仲良くしてくださいというものです。

タイミング法を実施して、妊娠したかどうかの判定を待つのに1ヶ月かかります。この期間は何も治療はできません。その後にステップアップした人工授精でも同じです。妊娠しているかどうか判断するまで1ヶ月かかるので、待つ時間が非常に長いのです。また、本当にタイミング法や人工授精で妊娠しないのかどうかは、1度では判断できません。確認できるまで何度かこの治療を行います。

30代だった私は年々妊娠する確率が減っていくことを理解していたので、待っている期間はすごく長く感じました。私の場合は、このタイミング法と人工授精では妊娠せず、約1年間を費やしました。

ステップアップを希望する

体外受精へのステップアップ

1年経っても妊娠しなかったので、体外受精へのステップアップを希望しました。やはりここでも新しい検査や治療のため、すぐに始められません。私の場合は検査に1ヶ月、そこから治療を始めて妊娠判定を頂くまでに約3ヶ月の時間を費やしました。

30代で不妊治療を始めると、妊娠する確率が年々低くなるので焦る気持ちが非常に大きくなります。しかし、焦ったからといって早く進めることができるものでもありません。

私の場合は前もってあまり調べずに妊活を始めてしまったため、知識がなかったことも大きかったと思います。30代で妊活を始めようと思っている方は、できるだけ早く始めることをお勧めします。