MENU

CLOSE

男性でも協力できることはある!女性ばかり負担をかけないために

男性でも協力できることはある!女性ばかり負担をかけないために

305views

カテゴリ:男性の妊活

男性不妊の割合は意外と高い

fb861b685ed2832a18a53c01bb4a0cea_s

古くは妊娠できないとすべて女性の責任と言われることがありました。昔は子供がいることが当たり前という時代で女性ばかりが嫌な思いをしてつらい気持ちを抱えてきました。今でも不妊治療は女性のものと考えている人も多いのかもしれません。

しかし近年のデータで男性不妊の原因も半数以上と言われており、女性だけなく夫婦としての問題となっています。悲しいことに不妊治療は男性に原因があっても、負担の大半は女性に強いられます。男性の負担は女性に比べたらずいぶんと楽なものです。男性も他人事とは思わないで積極的に妊活に参加しましょう。

精液検査

現在多くの不妊治療の病院は、女性向けの不妊治療の病院です。初期の段階で生理周期に合わせて通院して血液検査でホルモン値を調べたり、妊活していても妊娠できない原因を探していくことになります。

顕微授精は射出した精液から1匹でも健康な精子がいたらよいとの考えですから、精子がいたら女性向けの不妊治療の病院で妊娠に向けて頑張ることになります。男性が第一段階で調べることは精液の検査です。自宅で射精した精液を病院に持参して運動率や奇形率などを調べることになります。

また自宅から持ち込めないのなら病院内で射出した精液を調べることもできます。この時点で男性は戸惑ってしまう人も多いです。プライドが高い男性も多いのですが、女性は診察の時にほぼ内診をしています。恥ずかしい気持ちなどすてて協力することが必要です。

フーナー検査

女性の排卵の時期にタイミングをとって、精液が子宮の中にちゃんと到達しているか調べる検査です。病院が指定した時間にタイミングを取る必要があります。その後大半はタイミング法という治療方法に入るのですが、こちらも医師の指定した日程にタイミングを取ることに協力することが必要です。

上手にできないとプライドか傷つくとか種付けをしているような気持ちになるのが嫌などありますが、こちらも検査の初期段階で調べることです。女性だってコンディションがあります。妊活中は男性もうまく自分の気持ちを調整できるようにしましょう。

精液の提出

人工授精は、病院で医師の手で精液を子宮の中に入れます。体外受精は培養士の管理下のもと採卵という卵子を体外に取り出した後精子と受精させることを言えます。人工授精当日と体外受精当日は精液の提出が必要です。どうしても無理な場合は凍結なども方法もありますが、病院によって差は多少あるものの、当日3時間以内に射出した精子と決まっています。

朝一で精液を射出しないといけなかったり、忙しい気持ちもわかりますが、女性はその日を迎えるために通院と投薬注射を繰り返してとても大変な思いをしています。男性もその日のために準備をしておきましょう。

男性不妊なら泌尿器科へ

500873aa5f20498f5b2f13a3b96a7f10_s

男性は女性に不妊治療を任せっきりにしないで、男性専門の不妊治療の病院を探すこともできます。数は少ないですが男性不妊を指摘されているなら特に積極的な行動が望ましいです。サプリや食事で精子を少しなら変えられるかもしれませんが、医師の指導による検査や投薬で状態がよくなることがあります。

もちろん食事やサプリも継続しながら、医学的に改善していくという姿勢も大切です。女性は日々続く負担に、精神的に疲れていることもあります。男性が積極的に動いてくれたらうれしい気持ちになります。夫婦の問題ととらえて、夫婦の子供を持つために行動するということが大切なのかもしれません。

お互いに刺激されて相乗効果もあります。特に無関心な男性も多いです。一人だけ頑張るという女性の気持ちはとても悲しいものになりますので、夫婦で同じ方向を見ることに努力が必要です。