MENU

CLOSE

30代で二人目を授かるために、鍼灸院で妊活をした体験談

30代で二人目を授かるために、鍼灸院で妊活をした体験談

99views

カテゴリ:体験談

妊活中にトラブル!体調不良で、一時は妊活もできない状態に

33歳で2度目の妊活を始めましたが、順調にはいきませんでした。私は29歳の時に初めて出産しましたが、2人目の子どもが欲しいと思って33歳で再び妊活を始めました。

妊活内容としては、冷え性の改善や運動不足の解消、体に悪そうなものを食べないようにするなどさまざまなことをしていましたが、妊活中に体調不良になってしまうような大きなトラブルがありました。

毎年1回は欠かさず産婦人科に検診に行くのですが、その際に医師から子宮の状態が普通でないということを言われたのです。またホルモンバランスの検査をしたところ、エストロゲンの数値が通常よりも低いために正常に排卵をしないような状態になっていました。

異常ではないものの、ホルモンバランスの乱れから現在の状態ではとても妊娠できるような状態でないと医師から話をされ、私の精神状態が不安定になってしまい、一時期は妊活どころではなくなってしまいました。

本当は妊活よりも心身の安定を図ることを優先させるべきだったのでしょうが、年齢がすでに34歳ということもあって妊活を中断するのはよくないと思い、そのまま継続しました。

そしてたまたま様子を見た実母と実妹が、体調をよくして妊活もできるということで、ある鍼灸院を紹介してくれたのです。

鍼灸院での治療で体調回復!無事妊娠することができました

実母と実妹が紹介してくれた鍼灸院は、女性のみ受付していて、先生も女性でした。そのため妊活中の女性も多く通っており、なかには通っているうちに妊娠したという人も多くいました。

私は鍼灸院に通えばより妊娠できる確率が高くなると思って治療内容に期待しましたが、初診では「まだ体力と気力がそろっていないので、まずは心身が安定してから妊活を始めるべきだ」という診断でした。ですから、最初は妊活をするための体を手に入れるという目的で鍼灸院での治療をし、冷え性や食事内容などの改善をするようにしました。

鍼灸院では最初の2か月ほどは体調を安定させる治療を行っていましたが、少しずつ改善されてきたということでその後は本格的な治療を始めました。初診時は育児や家事ができないような状態でしたが、その頃には体調も少しずつ良くなり、以前のように軽い運動もできるようになっていました。

そして鍼灸院に通い始めて約半年経過したころ、無事2人目を妊娠することができました!他にした妊活は以前と同じく自分でできる運動や食事だったので、鍼灸院で治療した効果は大きかったと思います。