MENU

CLOSE

30代で不妊になり、排卵治療をして授かることができました

30代で不妊になり、排卵治療をして授かることができました

159views

カテゴリ:体験談

自分が不妊だと気づいたきっかけ

第1子が2歳になった頃から2人目がほしいなという風に考えていました。1人目の時は自然妊娠で授かっていたので自分が不妊だと思いませんでしたし、生理も来ていたのでカウントして排卵日だと思われる前後に夫との関係を持っていました。しかし、なかなか授からずに1年ぐらいが経過しました。

私はその時に32歳だったのですが、自分が30代になっているという年齢的な焦りのようなものもありました。そこですぐに病院に通う選択もありますが、私の場合はまず基礎体温を計測する習慣をつけることにしたのです。

基礎体温を計測し始めて分かった、排卵していない事実

朝起きてすぐに婦人体温計で体温を計測してグラフにするというのが日課になりました。

正常に排卵している場合には、グラフは生理を分岐点として高温期、低温期という二層に綺麗にわかれるのですが、私の場合にはグラフがガタガタで、生理は来ているにもかかわらず排卵をしているかどうかが読み取れません。

もしかしたら排卵していないかもしれない。その疑念は2ヶ月、3ヶ月と記録をつけていくうちに、確信に近い気持ちに固まっていきました。

それをきっかけとして、不妊治療をしている婦人科を受診することにしたのです。

排卵を誘発するための治療をして子どもを授かる

私の基礎体温グラフを確認した後、内診をした先生は、排卵をしていない状態にあると指摘されました。治療法としては、生理が不規則な部分もあったので周期を安定させるための黄体ホルモン剤を内服するということ、そして排卵誘発剤の内服するということでした。

その方法で排卵を目指しましたが、誘発剤の内服ではなかなか排卵をすることができずに、最初は1錠だった誘発剤が2錠に増えていき、自分が思っていたよりも排卵をするのが難しいという現実に直面しました。年齢的にも33歳を迎えた焦りがありましたし、早くほしいと気持ちは追い詰められていくばかりでした。

排卵誘発剤の内服を3周期したところで、医師の方から「この方法では効果が薄い。排卵誘発剤の注射にステップアップすることを考えている」と提案されました。誘発剤の注射は、副作用があるということ、双子になる確率が20%あるということ、卵胞を育てるためと排卵をするために隔日で毎月4~5回ぐらい通院する必要があることなど不安材料がいろいろありましたが、治療をする意思を固めました。

排卵誘発剤の注射で、排卵が安定。妊娠へ!

結果として、排卵誘発剤の内服では効果がなかった私ですが、注射に切り替えて1周期目で排卵をすることができました。卵胞が育ってきていると言われて安心しましたし、その後内診で排卵したと確認できたときには嬉しかったです。

そしてもっと嬉しいことに、注射してタイミングをとったのですが、その1回目で妊娠することができました。生理が来るタイミングが遅れ、数日後に妊娠検査薬で陽性が出た時にはすごく感激しました。

不妊治療に切り替えるとき、迷いや不安はやっぱりあります。しかし、私は治療を受けて良かったと思いましたし、半年程度の通院で済みました。もしどうしても妊娠しないと悩んでいるなら、不妊治療のクリニックに相談だけでもしてみるといいと思います。